ヒゲ脱毛と毛周期の関係性

一度ヒゲ脱毛を施術すると、今後手を加える必要が無いと考えられがちですが、実は定期的にケアを施す必要があります。

定期的にケアを行う必要がある理由は、毛根細胞の仕組みが関係しています。男性の髭というのは、毛周期というサイクルで活発期とそうではない時期を繰り返しています。

ヒゲ脱毛で用いるレーザーというのは、こうした毛周期の活発期にある毛にしか効果がないのです。活発期以外の毛や細くなってしまっている毛に対しては、効果がありません。つまり、ヒゲ脱毛のレーザーを照射しても、一時的に力が弱まるだけで、存在が無くなることはありません。

こうした点から、現在存在している髭を全て除去しても、力が弱まっただけの毛根が再び活発になると、髭が生えてくることになります。ただし、元来のコシがあり太い髭が生えてくるのではなく、一度ダメージを負ったヒゲは本来のものに比べると細い上に柔らかいので、シェービングしても青くなったり見た目が悪くなるということはありません。

完璧にヒゲ脱毛の恩恵を受けるためには、現時点では皮膚下に潜んでいる細胞が活発になるまで待機し、活発になり生えてくる度に焼き払うようにしてください。皮膚の下に潜んでいる毛根を完璧に取り除くと、一切シェービングが必要なくなりますが、数年単位で工程を行っていく必要があります。多くの方は、ヒゲ脱毛を受けた後、およそ1年間全く髭剃りが不要であったと述べているほどです。

リンクス(RINX)についてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です