豊田市のトイレつまり修理でおこなわれている修理方法

日本のトイレは1970年代まで汲み取り式が主流でしたが、1970年代になると下水道網が整備されたことで水洗化が進みました。

この水洗トイレは備え付けている水洗タンク内の水を一気に放水することで、汚水を下水道へと押し流します。通常は2Lの水を一気に放出することで勢いよく汚水は流れていくのですが、大量のペーパーや異物があると水量は弱まってしまい、トイレつまりというトラブルが発生する恐れがあります。この詰まりは排水口内で起こる不具合なので、専門修理会社に依頼をしないと問題を解決できません。

水道修理会社は都心部だけでなく郊外にも数多くあり、愛知県の中央部に位置する豊田市に至っては2020年4月時点で計85件の専門会社があります。これらの会社は企業・公共施設の他に一般家庭でのトイレつまりにも対応されているのが特徴です。豊田市で実施されている詰まり修理は「圧縮式」という高圧コンプレッサーを使用したもので、この修理方法を可能としているのは耐久性に長けている排水管を豊田市上下水道局が採用しているからです。

上下水管は1990年代初頭まで鋼鉄製のものが主流で、配管の厚みは2.5cmとJIS(日本工業規格)で定められていました。しかし1998年以降は真鍮製の配管に切り替わり、2001年に市内全域の排水管取り替え工事をおこなった豊田市は真鍮製の排水管が使用されている地域です。この真鍮製の配管は厚さ6mmで耐久性に長けており、トイレつまりの際に高圧コンプレッサーを使用した高圧水流にも耐えられるので、修理方法として採用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *