お風呂リフォームの勧め

長年生活しているとどうしても水周りに悩みをもつことが多くなります。特にお風呂は毎日大量に水を使うためカビやコンクリートのひび割れが発生することがあります。昔のお風呂は一体型ではなく、コンクリートとタイルを組み合わせたものが多くありました。経年劣化でその隙間から徐々に水が漏れ家の基礎まで被害を及ぼす可能性もあります。

そう言った意味では、お風呂リフォームは家の中でも特にお勧めできると思います。最近のお風呂は洗い場とバスタブが一体型のものが多く、つなぎ目が少ないぶん水が隙間から漏れるといった心配はほとんどありません。バスタブも節水型のものが多く、浴室の水はけも良い設計になっています。少し料金を出すとマイクロバブル発生機能がついていたり、毛穴の汚れまで綺麗にとってくれる機能も追加できます。

また、お風呂リフォームと同時に給湯器の交換をすることでより快適になるかもしれません。今まで給湯量に不満があった場合には、給湯器の号数の大きなものに交換することで今まで以上にたっぷりお湯を使うことができますし、浴室の暖房機も完備することができます。冬場の一番風呂が苦手な方にはおすすめです。年配の方がおられる家庭ではお風呂リフォームをする時にバリアフリー化することも可能です。

手すりをつけたり、段差を極力避けるように設計することもできます。特に冬場はお風呂での事故が多く発生しています。そういったことを避けるためにもリフォームを検討しても良いのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *