高齢者にやさしいお風呂リフォーム

お風呂リフォームを検討している理由で、最近最も多い理由が高齢のため安全な浴室にリフォームしたいという事です。浴槽と洗い場の段差があるだけで高齢者にとっては危険であり苦労するもの、またあまりにも寒い浴室は部屋との寒暖さを感じ、ヒートショックといった症状を起こし最悪命を落とすことさえあります。高齢者にやさしいお風呂場というのは、浴槽と洗い場の段差が少なく浴槽はまたぎやすくて低いこと、また洗い場と脱衣所との段差もなくしゆったりとして入浴ができ介助もしやすい事、脱衣所、浴室内ともに冬場でも暖かいこと、などが挙げられます。これらをもとにお風呂リフォームした例を見てみると、浴槽をユニットバスに取替え浴槽と洗い場との段差を少なくし、浴槽、浴室内に手すりを取り付け、浴室暖房機を取り付け外部との寒暖の差を減らしていました。

こうしたお風呂リフォームを施すことによりヒートショックの危険性や浴室での転倒事故を防止し、高齢の方でも安心して入浴を楽しむことが出来るようになります。段差の解消やユニットバスの交換となると期間も費用も掛かるものですが、安全面を考えると出来れば施したいリフォームです。どうしても予算の面で厳しいとなれば、既存のお風呂場にせめて手すりを取り付けたり、後付けの出来る浴室暖房器具を取り付けたりして少しでも高齢者のお風呂での事故を減らしたいもの、浴室というのはただ体をきれいにする場所ではなく、日々の健康にもかかわる大切な場所なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *