お風呂リフォームは蛇口の位置への配慮を

木造建築の一戸建てでは、お風呂リフォームを行うと、快適度が向上します。快適で安全に動きやすくリフォームするだけでも、結果的に湿気対策や防虫対策の効果も得られるようになるからです。お風呂リフォームを行うときは、目的だけでなく、結果的に得られる効果にも注目すると良いでしょう。意外な盲点になりやすいのが、お風呂場における蛇口の位置です。

どのような蛇口にしようか検討することは多いですし、まわして使用する蛇口と、レバーを上下させる蛇口では、使い勝手が大きく異なります。けれども蛇口が施工されている位置まで検討することは、必ずしも多い事例とは言えません。お風呂リフォームで、蛇口の位置を変更できる場合は、冬の温度に注目しましょう。冬の温度は凍結に影響してきます。

冬のお風呂場は冷えやすく、水道管が凍結しやすい箇所のひとつです。水道の元栓を閉めておくことで、凍結予防は可能ですが、寒い夜に屋外に出て元栓を閉める作業を行うのは容易ではありません。水道管は、地中は凍結しにくく、空中のほうが凍結しやすいです。地中は地熱で保護され、空中は気温の影響を受けやすく、氷点下では凍結し始めるからです。

蛇口が薄めの壁に施工されているのなら、厚めの壁に配置を移動させるのも良い方法です。薄めの壁は気温の影響を受けやすいからです。洗面所との間の壁は薄く施工されますので、洗面所との壁に蛇口が施工されていると要注意です。外壁に施工されている蛇口は、屋外の寒さの影響を受けますが、外壁材は厚く、断熱材が施工されていれば凍結しにくい利点があります。

蛇口の位置への配慮は、凍結防止の観点で把握しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *